機械部品のコストダウン相談室相談室

メールでのお問合せ

機械加工+溶接.com

旋盤加工やマシニング加工は、溶接加工を組み合わせることで、機械加工の高精度化とコストダウンが実現できます。

設計者・開発者のコストダウンを応援する機械部品のVA・VE設計情報発信サイト

溶接は全周溶接ではなく、断続すみ肉溶接を採用する

Before

機械部品同士を溶接によって固定する場合は、全周溶接が必要かどうかを再検討することが必要です。上記のようなプレート同士を固定する必要があり、溶接しか方法がなく全周溶接の指示があった場合、特にステンレスにおいては溶接の熱によって大きく歪んでしまう為、溶接の手間はもちろんのこと、歪み取りの手間がかかってしまう為コストが上昇してしまいます。

コストダウン事例

After

ステンレスなどの歪みやすい金属を溶接する場合は、できるだけ溶接する箇所を削減するように検討することがコストダウンを行う近道です。例えば上記のようなプレート同士を溶接する場合、強度的に問題がなければ全周溶接ではなく断続すみ肉溶接を採用します。こうすることで溶接の熱による歪みが軽減され、歪み取りにかかる時間が短縮できるのでコストダウンとなります。

溶接を行うと溶接そのものにかかる手間と時間に加えて、歪みの程度によって歪み取りという余分な工程が発生します。溶接を行わないような形状や固定方法を検討することはもちろんですが、どうしても溶接を行わなければならない場合は強度も考慮した上で全周溶接ではなく断続すみ肉溶接を採用します。全周溶接では大きく歪んでしまう場合でも、断続すみ肉溶接であれば歪みを軽減できるので、歪み取りに要する時間を短縮でき、コストダウンを行うことが可能となります。

機械部品 VA・VEコストダウン設計事例

  • ■サイトマップ