機械部品のコストダウン相談室相談室

メールでのお問合せ

機械加工+溶接.com

旋盤加工やマシニング加工は、溶接加工を組み合わせることで、機械加工の高精度化とコストダウンが実現できます。

設計者・開発者のコストダウンを応援する機械部品のVA・VE設計情報発信サイト

切削加工における材料選択は、材料費+加工費で考える

Before

今回ご紹介する切削加工におけるVE事例は、コールド材を採用する際の注意点についてです。

材質:SUS304、バー形状、磨き仕上げ、といった仕様が求められる場合、材料が安価なコールド材が指定されることがあります。

しかしこのコールド材は、厚み方向に加工するだけで歪みが生じてしまいますので切削による追加工が必要な場合は注意が必要です。。Before図はイメージになりますが、フライス加工以外の段や穴の加工を行っただけで歪みが生じてしまうのです。

なお、そもそもコールド材は寸法がきっちり出ている訳ではありません。

コストダウン事例

After

コールド材は安価ですが、厚み方向に切削すると歪むため取り扱いには注意が必要です。

追加工が必要な場合はホット材・SUS304(-H)を選択します。コールド材よりは材料価格も高くなり切削も必要になりますが、高精度な加工品を入手するためには必須となります。

厳しいコスト目標を達成するために安い材料に手を出しがちですが、コールド材に切削を行えば歪みが生じてしまうように、かえってコストアップ(ないしは要求スぺックを満足できない)になってしまうことがあります。どういう選択を行い設計すれば最もリーズナブルに仕上がるかは、材料の知識はもちろん切削加工における深い知見が必要となります。機械加工+溶接.comを運営する三栄製作所にお任せ頂ければ、最適解を提供することができますので、お気軽にお問い合わせください。

機械部品 VA・VEコストダウン設計事例

  • ■サイトマップ