機械部品のコストダウン相談室相談室

メールでのお問合せ

機械加工+溶接.com

旋盤加工やマシニング加工は、溶接加工を組み合わせることで、機械加工の高精度化とコストダウンが実現できます。

設計者・開発者のコストダウンを応援する機械部品のVA・VE設計情報発信サイト

切削量が多い機械部品は溶接構造に変更する

Before

マシニングセンタや旋盤などを用いた機械加工を前提とした設計を行うと、まれにコストが高くなる設計になってしまう場合があるので注意が必要です。上記のような形状で機械加工を行うと切削量が非常に多いので加工時間もかかる上、ステンレスなど高い材質の場合は材料費もムダになります。

コストダウン事例

After

切削量が多く、加工時間も材料費もムダになってしまう場合には、マシニングセンタ等による機械加工ではなく溶接構造に変更します。上記のような構造とすることでムダな削り屑も加工時間も発生しなくなります。なお、直角度などが必要な場合でも、溶接後に調整を行なうことも可能となります。

角あるいは棒形状の材料からの切削によって製品設計を行う機械部品が多くなると、中にはムダに切削を行い、コストも材料費も掛ってしまうという加工方法を採用してしまうことがあります。設計を行う際には、できれば削り出すか、溶接するか双方を検討してコストも性能も満足できる加工方法を検討することが必要です。

機械部品 VA・VEコストダウン設計事例

  • ■サイトマップ