機械部品のコストダウン相談室相談室

メールでのお問合せ

機械加工+溶接.com

旋盤加工やマシニング加工は、溶接加工を組み合わせることで、機械加工の高精度化とコストダウンが実現できます。

設計者・開発者のコストダウンを応援する機械部品のVA・VE設計情報発信サイト

片側溶接指示はなるべく避ける

Before

溶接を行うと、溶接を行った部品同士を引っ張ってしまうケースが多いので、片側ではなく両側を溶接することが品質向上に繋がります。上記のような図面で肉盛溶接不可という指示が入っている場合、内側に溶接を行えず外側のみ溶接を行わざるを得なくなります。この図面のまま溶接を行うと溶接によって引っ張られ、部品が開いてしまいます。

コストダウン事例

After

溶接の品質を向上させるには両側を溶接すことが必要なので、例えば上記のようなケースでは、肉盛溶接不可と指示されている部分にまずC面取りを行った後にタップ溶接を施します。その上で裏側に全周溶接を行うようにすれば、片側溶接のみの場合のような開きも生じず、品質が向上します。

鉄やステンレスを溶接すると歪みが生じますが、片側のみに溶接を行うと熱によって部品同士をひっぱり合ってしまうため、例えば直角を保つことが困難になります。従って、片側ではなく両側に溶接を行えるよう設計上工夫することで、品質を向上させることが可能となります。

機械部品 VA・VEコストダウン設計事例

  • ■サイトマップ