機械部品のコストダウン相談室相談室

メールでのお問合せ

機械加工+溶接.com

旋盤加工やマシニング加工は、溶接加工を組み合わせることで、機械加工の高精度化とコストダウンが実現できます。

設計者・開発者のコストダウンを応援する機械部品のVA・VE設計情報発信サイト

S45C-Hを採用する際の注意点

Before

機械部品には、S45Cが採用されるケースがとても多いと思いますが、今回はS45C-Hを検討する際にぜひ知っておいて頂きたい情報をお伝えいたします。

S45CーH(調質後HRC18~22)を選択した場合、S45Cは汎用的だから形状や大きさはあまり気にしなくてもおそらく入手できるだろう・・・とお考えになるかも知れません。

 

ですが実は、S45CーH(調質後HRC18~22)は、丸棒は存在しますが、ブロックは流通していません。フライス加工が必要なブロック材の場合は、別の材質を選定する必要があります。

コストダウン事例

After

設計上、S45CーH(調質後HRC18~22)が最適だが、ブロック形状なので使えない・・・といった際には、S48CーH(HRC22~26)を選択します。

 

S48CーH(HRC22~26)であれば、ブロック材でも流通しているので入手性は問題ありません。ただしHRCが上がる分、サイズや重量により若干のコストUPの可能性はあります。

機械部品 VA・VEコストダウン設計事例

  • ■サイトマップ