機械部品のコストダウン相談室相談室

メールでのお問合せ

機械加工+溶接.com

旋盤加工やマシニング加工は、溶接加工を組み合わせることで、機械加工の高精度化とコストダウンが実現できます。

設計者・開発者のコストダウンを応援する機械部品のVA・VE設計情報発信サイト

ローラー芯金

製品名ローラー芯金
業界ゴムライニング、ウレタンライニング
材質ステンレス SUS304
寸法φ150×50
公差・精度H7
加工方法旋盤
表面処理

特徴

このステンレスSUS304製の旋盤加工品は、円周部にウレタンライニングやゴムライニングを施して用いられる、ローラーの芯金と呼ばれる製品です。このローラー芯金は汎用旋盤のみを使って加工を行っており、外周部にはライニングのすべり止め用の溝が加工されていますが、特にローラーの中溝部分の加工に特徴があります。この製品自体の中溝は幅12.5×深さ17mmと通常の幅・深さであり通常のNC旋盤でも加工が可能ですが、これが例えば幅10mm×深さ30mmなど、幅に対して非常に深い溝を加工する場合には、工具の問題でNC旋盤では加工できる、汎用旋盤を使わざるを得ないというケースも出てきます。機械加工部品コストダウン設計.comを運営する大阪の三栄製作所では、汎用旋盤を用いた難加工を得意としており、こうした丸物ワークへの細溝加工などを得意としております。とても加工ができないと断られた旋盤加工品は、いちど当社にお問合せください。お客様のご要望に答えられるよう対応して参ります。

機械部品 VA・VEコストダウン設計事例

  • ■サイトマップ