機械部品のコストダウン相談室相談室

メールでのお問合せ

機械加工+溶接.com

旋盤加工やマシニング加工は、溶接加工を組み合わせることで、機械加工の高精度化とコストダウンが実現できます。

設計者・開発者のコストダウンを応援する機械部品のVA・VE設計情報発信サイト

ステンレスSUS304製シャフト

製品名ステンレスSUS304製シャフト
業界医療機器
材質sUS304
寸法フランジ部:φ100×t20、 シャフト部φ25×500
公差・精度H7
加工方法旋盤加工→溶接加工→旋盤加工
表面処理なし

特徴

このSUS304製のシャフトは、医療・医薬品の設備にて使用される機械部品になります。見た目は単純な構造で、シャフトとフランジを溶接しただけに見えますが、シャフトとフランジの同心度は0.01、さらにこれらの直角度は0.01という幾何公差が求められています。従って、機械加工部品コストダウン設計.comを運営する大阪の三栄製作所では、自社による精密は旋盤加工の後溶接加工を行い、さらに仕上げのためにもう一度旋盤加工による仕上げ加工を行うことによってこれらの同心度・直角度を達成しています。溶接を伴う機械加工品でもこうした幾何公差を達成できているのは、溶接加工を想定した上で機械加工を行っていることが理由です。溶接を伴う高精度の機械加工部品でお困りの際は、機械加工部品コストダウン設計.comまでお問合せください。

機械部品 VA・VEコストダウン設計事例

  • ■サイトマップ